日米大学野球連盟選手権大会

第41回 日米大学野球選手権大会 公認


トップ 大学日本代表 大学米国代表 試合結果 写真ギャラリー

試合結果

第1戦:2017年7月12日(水) 19:35(予定より30分遅れて開始) ダンキンドーナツパーク(コネチカット州ハートフォード)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1
米国 0 0 0 0 0 0 0 0 2x 2
初回の1点を守りきれず、9回1死から3連打を浴びサヨナラ負け。降雨により、予定より30分遅れて試合開始。
[米国] ホルトン、レイビー、○スプレンゲルーコック
[日本] 東(立命館大)、阪本(関西大)、松本(日本体育大)、●齊藤(明治大)−小畑(立正大)
▽二塁打:辰己(立命館大)、Eierman、Grenier(米国)

第2戦:2017年7月14日(金) 19:05 カンパネリスタジアム(マサチューセッツ州ブロックトン)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
日本 0 0 0 2 0 0 0 0 0 4 6
米国 0 0 1 0 1 0 0 0 0 1 3
延長10回、四球と投手の暴投で追加点をあげ、さらに中川(東洋大)のダメ押しの2塁打で合計4点をもぎ取り、試合を決めた。日本1勝目。
なお、今大会はタイブレークを採用しており、9回を終えて同点だった場合は、10回から無死1・2塁、継続打順で行います(12回打ち切り)。
[米国] ギンゲリー、ケイト、●タッカー、スプレンゲル、ギンゲリーーコック
[日本] 森下(明治大)、栗林(名城大)、○伊藤(国際武道大)、津森(東北福祉大)、齊藤(明治大)−小畑(立正大)
▽二塁打:楠本(東北福祉大)、中川(東洋大)、バウ(米国)

第3戦:2017年7月15日(土) 17:35 レラチューパーク(マサチューセッツ州ローウェル)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
米国 0 1 2 1 0 0 0 0 0 4
日本 1 1 0 0 0 0 0 3 x 5
8回裏、4番・楠本の値千金の3塁打で同点とすると、6番・辰己の犠飛で見事逆転勝利。日本2勝で優勝に王手。
[日本] 青島(東海大)、伊藤(国際武道大)、○阪本(関西大)−小畑(立正大)、吉田(上武大)
[米国] ピルキングトン、●マイヤーーコック
▽三塁打:辰己(立命館大)、楠本(東北福祉大)
▽二塁打:中川(東洋大)、小畑(立正大)、グレニナー、マドリガル、ウォーカー、コック(米国)

第4戦:2017年7月16日(土) 17:05 フィットンスタジアム(マサチューセッツ州ウースター)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
米国 0 0 0 0 0 0 0 1 0 2 3
日本 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1

先発・東が7回11奪三振の力投を見せるも、延長回に追加点を許し逆転負け。決戦は明日の第5戦へ。
[日本] 東(立命館大)、松本(日本体育大)、●齊藤(明治大)、阪本(関西大)−小畑(立正大)
[米国] ジルアンカ、スプレンゲル、オールセン、タッカー、○ウールフォークーコック
▽二塁打:中川(東洋大)


第5戦:2017年7月17日(日) 19:05 ホルマンスタジアム(ニューハンプシャー州ナシュア)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1
米国 0 0 1 0 0 2 0 0 x 3

初回に先制し、先発森下が力投するも、逆転負け。2勝3敗となり日本の3連覇はならなかった。
[米国] ホルトン、○レイビー、タッカー、ウールフォークーコック
[日本] ●森下(明治大)、栗林(名城大)、青島(東海大)−小畑(立正大)、大平(桜美林大)
▽二塁打:バウ、マッカーシー(米国)




Copyright© 2002-2017 (公財)全日本大学野球連盟 All Rights Reserved.